カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • 『成功の秘訣は"溶かす"こと』@shinichi_miyashitaが語る"1度付けたらほぼ剥がれないSOLE PLUSの貼り付け方"【インタビュー】









 



 

多くの人が賑わう休日昼下がりの新宿。

その中でもひとり目立つ男がスマホを片手に歩道の横断防止柵に寄りかかっていた。

ゆる巻きのドレッドヘアでNIKEのバスケジャージを身に纏っている。


一見はチャラけたように見えるのだが、彼の仕事は保育士。
話すと非常に気さくで、思いやりがある好青年だった。
子供を預けるお母さんたちにも人気が高いようだが、それも自然と頷ける。


そんな@shinichi_miyashitaに、SOLE PLUSを使おうと思ったキッカケ"NIKE AIR JORDAN 1"にSOLE PLUSを剥がれないように付けるコツついてインタビューして参りました。





 





 

 
"Interviwee Profile"


 

 
@shinichi_miyashita
保育士
埼玉県出身


好きなブランドは"A BASHING APE"。
元々はスニーカーよりもアパレル派であったが、ひょんなことから"NIKE AIR JORDAN 1 Gatorade"をSNKRSで購入トライ。
運良く購入出来た経験からスニーカー熱が高まり、最近はスニーカーをメインに服をコーディネイトすることが多いようだ。

 




 


 

成功の秘訣は"溶かす"こと





 

 

ーKicksWrapのインタビュー同様、前日になってインタビュイー(@shinichi_miyashita)のことを少しでも知っておかないと、と思ってポストを色々と拝見させて頂きました。
人は外見で判断出来ないのですが、ドレッドヘアのポストが出てきて、あぁ当日はインタビュイーの気分を害さないようにしないとな・・・と思って少し緊張しながら新宿へ向かいました(笑)

 


(笑)
まさかお声をかけてもらえるとは思いませんでした。
せっかくインタビューを受けるのだからしっかり答えないと、と僕も少し緊張しながら新宿へ向かっていました(笑)




 

ー本当に、人は見かけによらないということを改めて認識しました(笑)

ところでSOLE PLUSを使おうと思ったキッカケはどのようなことだったのでしょうか?

 
 
2017年の年末に発売された"NIKE AIR JORDAN 1 Gatorade"をSNKRSで運良く手に入れることが出来たのですが、これってアウトソールがクリアになっていて、そのクリアソールから透ける形でゲーターレードのロゴが見えるんですよ。




 






このクリアソールを綺麗なままにしておきたいのですが、やっぱり履いてしまう。
そして履く度に心苦しくなってしまう自分がいて・・・。
履いてもどうにかアウトソールを傷つけず綺麗な状態を保てないかなと、自分なりに色々と探していく中でSOSHI-MuzicさんのYoutubeやInstagramでSOLE PLUSを知りました。


 

 

ーなるほど。


ただ、SOLE PLUSについて色々と調べていく中でレビューがあって、これめっちゃ剥がれやすいみたいなものもあったりしました。




 

ーそのようなレビューがある中で、どうしてSOLE PLUSを購入しようと考えたのですか?



レビューも確かに参考になることもありますが、こういうものは自分で手にとって実際に使わないと本当のところは分からないな、と僕の中では思っていて。
これで大切なスニーカーのアウトソールを守れる可能性があるのであれば、試してみる価値はあると考えて購入しました。




 
 
 

 




  
 

 

 

ー実際に使ってみてどうでした?




買ってよかったです。
今回、SOLE PLUSを購入するキッカケとなったJORDAN 1 Gatoradeに貼り付けていますが、10回以上履いた今でも剥がれませんし、剥がれてくる気配もありません。

もちろんSOLE PLUSの説明にもあるように、2日以上連続して履かない砂利道などのコンディションが悪いところでは歩かない、ということは徹底しています。
 

ーそれは良かったです。

しかしながら、SOLE PLUSの商品ページにも書いてあるように"NIKE AIR JORDAN 1"は、僕の経験上、剥がれやすいソールの形状をしているのですが、(実物を見せてもらうと)すごいしっかりと貼り付けられていますね。剥がれそうな気配もない。

 

 



 



NIKE AIR JORDAN 1のアウトソールにSOLE PLUS貼り付けるに当たって、剥がれないようにするためのコツはあるのですか?



はい。SOLE PLUSを"溶かす"勢いでドライヤーの熱風を当てるのがコツだと思っています。


 

ー溶かす・・・ですか。
具体的にお願いします。

 

SOLE PLUSにドライヤーの熱風を当て続けると、SOLE PLUSが溶けるくらいヘナヘナ?になります。そうなるとフィルムとアウトソールが接着します。


 

ーなるほど。

 
それとよりしっかりとSOLE PLUSを貼り付けるための自分なりの小技?があります。

まずアウトソールの形に合わせてSOLE PLUSの縁取り作業を行うと思うのですが、この時に横に数ミリ余るように取ります。












余った部分はハサミで切り込みを入れて、フィルムとフィルムを少し重なるようにします。
かかとやつま先部分は他部分より細かく切り込みを入れると良いと思います。

















あとは全体的に"溶かす"勢いでドライヤーの熱風を当てると、このようにしっかりとフィルムとアウトソールが密着しますよ。



 

 

ーなるほど。
AJ1にSOLE PLUSを使いたい人は多くいらっしゃると思うので、そのような方がにとっては非常に参考になると思います。

ところでSOLE PLUSをドライヤーで"溶かす"勢いでやると、結構時間がかかりそうです。
1足貼り付けるのにどれくらい時間がかかりましたか?





1時間半ですね。
ただ彼女に聞いたのですが、安いドライヤーだと単に髪の毛を早く乾かす目的にだけ作られているみたいで、熱風の温度が高いものが多いことから溶けやすくなるんじゃないかと。
ドライヤーを安い(熱風温度が高い)ものに変えて溶けるスピードを早くすれば、もっと時間は短縮できるかもしれません。





 

ー1時間半!
まぁここまでしっかりやろうとすると、時間かかっちゃいますよね。
Yeezy Boostなんかは以前記事にしたのですが、SOLE PLUSと相性が良くてそんなにドライヤーを当てないまでも張り付いてくれるんですけど。

あ、時間を短縮したいのであれば"ヒートガン "を使うというのも1つの手かと思います。
ヒートガンは簡単に説明すると、ドライヤーよりも高い熱風が出るいわば"工業用ドライヤー"で、DIYなどで熱処理が必要な時などに使われます。
1,000~3,000円くらいで販売されてますよ。

ただ、あんまり熱風温度が高いとスニーカー本体に悪影響が出る可能性もあるので、ソール以外の本体部分にはマスキングテープを張るなどして、慎重に使いたいところではありますが。




なるほど。
今度はヒートガンを使ってチャレンジしてみます。


*剥がれないように貼り付けるここまでのコツについてはSOLE PLUS商品説明ページに追記しましたので詳しくはそちらをご確認ください。


 












 

ー最後にSOLE PLUSの購入を悩んでいる人に一言お願いします。




冒頭の繰り返しになってしまうところも一部あるのですが、大切に履きたいスニーカーがあるのであれば、思い切って試してみるのが大切なのではないかと個人的には考えています。
これは別にSOLE PLUSに限らなくとも、です。

今はインターネットが発達して、商品のレビューを簡単に見ることが出来ます。
けれど、そのまま参考にするのも良いですが、本当のところは自分で実際に使って見ないとわからないということ。

僕は実際にSOLE PLUSを使って、結果大切なAJ1 "Gatorade"のソールを守ることが出来て本当に良かったと思っています。

SOLE PLUSは単品で購入すると1足約2,700円と、はっきり言って安いとは言えない値段ということもあったので、失敗したくない気持ちが強かった。
なのでしっかりと説明を読み込み、自分の頭で考えて行ったことで、買ってよかったと思える結果へ導かれたんじゃないかと思います。

少々長くなりましたが、大切に履きたいスニーカーがあるのであれば、SOLE PLUSの購入をオススメします。

説明書をしっかり読むということが、まず大切!(笑)



 
 

ーありがとうございます。
SOLE PLUSはおっしゃります通り、単品で購入すると2,700円と安くはない価格なのですが、複数セット購入すると最大15%OFF1足辺り2,295円(税込)で購入出来るので、お気に入りのスニーカーが何足かある方は、こちらを購入して頂くとお得な値段で購入することが出来ます。

最後に、今回のインタビューではプロダクターの僕も目から鱗が落ちるような、SOLE PLUSの効果的な貼り付け方法等を聞くことが出来て大変有意義な場となりましたことを改めて感謝申し上げます。
これからもSOLE PLUSをどうぞよろしくお願いします。